唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日语一级800个核心词(二)

  • かいほう【介抱】【開放】
    病人を手厚く介抱した。「护理、服侍」
    寝ずに病人を~する/通夜不眠服侍病人
  • かえりみる【省みる】
    過ちを省みない人は、進歩しないと思う。「反省、自问」
    省みてやましいところがない。「问心无愧」
  • かおつき【顔つき】
    息子は、性格も顔つきも、父親に似てきた。「相貌、样子」
  • かきまわす【掻き回す】
    スープの鍋をかきまわすと、いいにおいがした。「搅拌、混合
    会社の中をかきまわす。「捣乱、扰乱
  • かくさ【格差】
    企業によって、社員の待遇に格差がある。「差別、差距
  • かけ【賭け】
    佐藤さんは賭けごとに夢中になって、本業をおろそか(草率,不认真)にしている。「赌博」
  • かさばる【嵩張る】
    おみやげがかさばって、スーツケースのふたが閉まらない。「体积大、増大」
    かさばった包み(つつみ)/体积大的包裹
  • かさむ【嵩む】
    今月は冠婚葬祭が多かったので、出費がかさんだ。「增大、增多」
  • かじょうがき【箇条書き】
    要点を箇条書きにした。「一条条写、分项写
  • かすか【微か】
    遠くのほうからかすかに波の音が聞こえる。「微弱的、隐约、微微的」
    ~な希望/一线希望
    ~な暮らし/可怜的生活[あわれ]可怜,贫穷
  • かすむ【霞む】
    富士山の山頂(さんちょう)は、かすんでいてよく見えない。「云雾朦胧」
    目がかすんで字がよく見えない。「模糊」
  • かする【掠る】
    バットは、ボールにかすっただけだった。「掠过、擦过」
    ボールが頭をかすった/球从头上擦过
  • かそ【過疎】(過剰・かじょう)
    町の過疎化に、町長は悩まされている。「过稀、过少」
  • ~がたい
    2年前の火災は、私にとっては忘れ難い出来事です。「不容易、难于」
  • かたこと【片言】
    1歳半の娘は、片言だが話をするようになった。「只言片语
    ~の日本語で話す/用只言片语的日本话说
  • かためる【固める】
    基礎をしっかり固めて建てたビルだったので、地震の被害も少なかった。「巩固、加固」
    荷物を固めておけ。「堆积、堆攒」
  • かたわら【傍ら】
    私が絵を描く傍らで、猫が寝ている。「旁边」
    彼は会社経営の傍ら、小説を書いている。「一边...一边...
  • かっきてき【画期的
    彼は画期的な発明をした。「划时代的」
  • がっくり
    完走したとたん、がっくりと膝をついた。「突然无力的」
    不合格と知り、がっくりときた。「颓丧、灰心」
  • がっしり
    彼は、体ががっしりしている。「粗壮、健壮」
    ~と組み合う/紧密配合.[严整,严密]
  • がっち【合致】
    双方の希望が合致した。「一致、吻合」
    目的に~した行動/与目的相吻合的行动
  • がっちり
    あのチームはがっちりとスクラムを組んで、最後まで戦った。「牢固、坚固、紧紧的」
    がっちり屋「守财奴」
    金銭(きんせん)にかけては~している/在用钱方面很仔细
  • かつて
    かつて見たこともないほど、美しい海だった。「至今(从未)
    ~聞いたことのないこと/从来没有听到过的事
    かつては記者だったこともある。「曾经」
  • かなう【叶う】
    思いがかなって、彼と結婚することになった。「希望实现、如愿以偿」
  • かなわない【~に叶わない/適わない/敵わない
    体力では、彼にかなわない。「比不上」
    今日は暑くてかなわない。「经不起、受不了」
    叶わない恋(実現不可能である)。立つことも歩くことも敵わない(実現させる力がない)「不能实现」
  • かねて【予て
    かねてから希望していた弁護士になることができた。「老早以前、事先」
  • かばう【庇う】
    正義感が強い彼は、子供の頃から弱い者をかばっていた。「庇护、袒护」
  • かぶれる
    化粧品で肌がかぶれ、かゆい。「起炎症」
    彼はすっかり哲学にかぶれている。「著迷、热中」
    わるい小説に~/迷于坏小说;中了坏小说的毒
  • かみ【加味】
    田中さんの意見も加味したうえに、計画書を作成した。「惨加、采纳
    対立する意見も~する/也参考相反的意见.
    酢が加味した料理。「添加调味料」
  • からだつき【体つき】
    山本さんは、モデルのような体つきをしている。「体形、身材」
  • からむ【絡む】
    あの人は、お酒を飲むと、すぐに人にからむから、気を付けたほうがいい。「找茬纠缠、无理取闹
    彼は義理に絡まれていやとは言いかねた。「密切相关、紧密相连」
    つる草が木に絡む。「缠上、绕上」
  • かり【仮】
    救急隊員は、かりの処置だけ行い、医者に任せた。「临时、暂时」
    これはかりのたとえ話だ。「假定」
    仮の名。「化名」。仮の親「义父义母」
  • かれる【枯れる】
    このまま才能がかれていってしまうのだろうか。「枯竭衰竭」
    花は水をやらないと~/花不浇水就枯萎.
    彼の芸は年とともに枯れてきた/他的技艺一年比一年精练了[成熟,老练].
  • かろうじて
    かろうじて、難を逃れることができた。「好容易才」
    ~まにあった/好容易才赶上了
    ~食っているありさまだ/勉强度日.
  • かわす【交わす】
    二人は、一年後に結婚する約束を交わした。「互相、交换」
  • かんげん【還元】
    企業の利益を、文化事業で会社に還元する。「归还」
    当初の状態に~する/还原为原先的状态;恢复原状.
  • かんさん【換算】
    1インチはセンチメートルに換算すると、約2.54センチメートルになる。「折合、换算」
  • がんじょう【頑丈】
    あの人は体が頑丈で、一度も病気になったことがない。「健壮、强壮」
  • かんじん【肝心】
    細かいことに気をとられて、肝心な点を見落とす。「重要、首要」
    ~なときになって彼はどこかへ行ってしまった/到了关键时刻,不知他跑到哪儿去了
  • かんせい【歓声】[声援・せいえん]
    プール開きの日、プール中に水しぶきと歓声があがった。「欢声」
  • かんぺき【完璧】
    たくさん勉強したので、これでテストの準備は完璧だ。「完善、完美」
  • かんよう【寛容】
    子供同士のケンカなので、寛容な態度で臨む(のぞむ)ことにした。「宽容」
  • がんらい【元来】
    馬は元来優しい動物だ。「生来、本来」
    うさぎは~おくびょうな動物だ/兔子生来是懦怯的动物
    わが家は~6人だったが、いまは母とふたりきりだ/我家原来有六口人,现在只有母亲和我两个了.
  • かんろく【貫禄】[貫く・つらぬく]
    彼には部族の長としての貫禄がある。「尊严、威严、派头」
  • きがい【危害】
    熊(くま)が人に危害を加える事件が起こった。「危害」
  • きかざる【着飾る】
    パーティーには、思い切り着飾って出かけましょう。「盛装、打扮」
  • きがね【気兼ね】
    咳(せき・しわぶき)が止まらず、コンサートの間じゅう、まわりの人に気兼ねをした。「顾虑、拘谨、不自在」
  • きがる【気軽】
    いつでも気軽に飲める本格的な味の缶コーヒーが増えてきた。「舒畅、爽快」
  • きき【危機】
    あの芸能人同士のカップルは、[しょっちゅう]離婚の危機を噂されている。「危机」
  • ききめ【効き目】
    塩分制限の効き目が出始め、近頃血圧が安定している。「效验、效力、灵验
  • きざ【気障】
    あの男の紳士ぶったきざな振舞いは、みんなに嫌われている。「装模作样、摆臭架子」
  • きざし【兆し】
    その少年が罪を犯すような兆しは、学校でもまったくなかった。「兆头、征兆」
    新たな~があらわれる/有了新眉目[萌芽;头绪,端绪,端倪]
    解決の~がみえてきた/有了解决的头绪
  • きしつ【気質】
    彼は、おだやかな気質の人だ。「气质」
  • きしむ【軋む】
    古い建物の中を歩くと、床がきしんで鳴った。「吱吱嘎嘎响」
    階段が小さくきしんだ/楼梯发出嘎吱嘎吱的轻微的响声
  • きずく【築く】
    あの人は自分の力だけで、現在の地位を築き上げた。「建立、积累、筑成」
  • きだて【気立て】
    彼女は気立てが優しいので、みんなに好かれている。「性情、脾气」
  • きたる【来る】
    きたる10月10日に運動会を行う予定です。「下次的」
  • きちっと【=きちんと】
    子供は、母の言いつけを、きちっと守った。「好好的、牢牢的」
    きちんと部屋を片付けた。「整整齐齐」
    勘定をきちんと払う。「准时、如期
    きちんと腰かける。きちんと訳す。「端正、恰当
  • きちょうめん【几帳面】
    父は几帳面な人なので、私の生活態度には口やかましかった(喧しい・唠唠叨叨)。「规规矩矩、一丝不苟」
  • きっかり
    8人できっかり8等分した。「正好、恰好
    列車は~時間どおりに到着した/列车恰好正点到达
  • きっちり
    きっちり3時に、この場所で会いましょう。「整」
    きっちり蓋をする。「严、无误差
  • きっぱり
    押し売りのような売り方なので、きっぱりと断わった。「果断、斩钉截铁
    話を~する必要がある/有必要把话讲清楚
  • きどう【軌道】
    モノレール(单轨电车)は、1本の軌道にまたがって走る。「轨道」
  • きひん【気品】
    この絵は、実に巧みに描かれているが、気品に欠ける。「意境、品格、气度」
  • きふく【起伏】
    あの人は、山あり谷ありの、起伏の多い一生を送った。「起伏、起落」
  • きまぐれ【気まぐれ】
    きまぐれに布をつないでいったら、きれいなパッチワークの作品になった。「心血来潮、反复无常
    ~な天気/乍晴乍阴的天气
  • きまじめ【生真面目】
    あの人は生真面目すぎで、ときどき損をしている。「一本正经」
  • きまりわるい【決まり悪い】
    初めてパーティーに招待された彼女は、きまり悪そうにモジモジしていた。「不好意思、难为情
  • きゃしゃ\かしゃ【華奢】
    このドレスは、きゃしゃな感じの女性に着て欲しい。「苗条、纤细」
  • きゅうきょく【究極】
    自分で納得する究極の作品ができる前に、先生は亡くなってしまった。「最终、极端
  • きゅうくつ【窮屈】
    子供は成長が早いので、去年の服がもう窮屈だ。「紧、瘦小
    子どもが大きくなって着物が~になった/孩子大了,衣服穿着瘦了
    おじの家にいるのは窮屈だ。「感觉受拘束
    ~な感じをあたえる/使人感觉不舒畅
  • きゅうち【旧知】
    今日の会は、旧知の人ばかりの集まりです。「故知、老友
  • きょうい【驚異】
    あの人が合格するなんて、驚異だ。「惊异、惊奇
  • きょうかん【共感】
    この本の著者の意見に共感した。「共感、共鸣
  • きょうぐう【境遇】
    親兄弟と引き離され、孤独な境遇に育った。「环境、处境
  • きょうじる【興じる】
    学生でありながら、芝居に興じて、学業をおろそかにしている。「感兴趣、以...自娱
  • きょうめい【共鳴】
    その政治家の発言に共鳴して、その人の属する政党に入った。「同感、赞同
  • きょうれつ【強烈】
    あの人の強烈な個性は、彼の服装に表れている。「强烈
  • きょくたん【極端】
    あの人の発言は、いつでも極端だ。「极端、过火
  • きよらか【清らか】[清める]
    赤ちゃんの瞳は、清らかであどけない。「清洁、干净
  • きらびやか
    花嫁は、きらびやかな衣装に身を包んでいた。「华丽、光辉灿烂
  • きりかえる【切り替える】
    休日には、頭を切り替えて、仕事を忘れたほうが良い。「转换、改换
  • きわめて【極めて】
    あなたには、努力を続けて、学問の道を極めて欲しい。極めて重大な問題だ。「极其、非常
  • ぎんみ【吟味】
    良い料理は、材料を吟味することから始まる。「斟酌、挑选
    品物はよく~してから買いなさい/东西要仔细考虑以后再买
  • きんもつ【禁物】
    高血圧の人に、漬物など塩分の多い食物は禁物です。「切忌、忌讳
  • くいちがう【食い違う】
    意見が大きく食い違い、議論にもならなかった。「不一致、有分歧
  • くぐる【潜る】[もぐる]
    のれんをくぐって店に入る。「钻过」
    法の網をくぐる。「钻法律空子
  • くじ【籤】
    席順を決めるため、くじを引く。「抓阉儿、抽签
    賞金にひかれて宝くじを買った。「彩票、奖券」
  • くすぐったい
    あまりにも大げさにほめられて、名だかくすぐったかった。「难为情
    みんなの前でほめられてなんだか~/在众人面前受到夸奖,怪不好意思
  • ぐち【愚痴】
    母は父のことで、いつも愚痴をこぼしていた。「发牢骚、抱怨
  • くちずさむ【口ずさむ】
    幼い頃、一緒に歌った歌を皆で口ずさんだ。「哼、吟、诵
    散歩しながら詩を~/一边散步一边诵诗.
  • くちる【朽ちる】
    彼の業績は、永遠に朽ちることなく、語りつがれる。「腐朽、衰败
  • くつがえす【覆す】
    今回の発見は、これまでの定説を覆す歴史てきなものだ。「翻转、被推翻
  • くっきり
    空に、飛行機雲が、くっきりと見える。「清楚、显眼
    青空に山が~見える/在蔚蓝的天空可以清楚地看见山峰
  • くっせつ【屈折】
    この小説家の心理状態には、屈折したものがある。「歪曲、扭曲
    屈折の多い海岸線。「弯曲、曲折」
    光線は水に入ると屈折する。「折射」
  • ぐっと
    駅を出ると電車はぐっとスピードを上げた。「一下子、一气的
    言葉にぐっと詰まる。「哑口无言」
  • くみあわせる【組み合わせる】
    対戦するチームを組み合わせる。「分组、搭配
    ブロックをうまく組み合わせ、城を作る。「搭在一起」
  • くろうと【玄人】
    彼女の書道の腕前は玄人も驚く。「内行、专家
  • けいき【契機】
    病気を契機にタバコをやめた。「契机、转机
  • けいそつ【軽率】
    列車事故の原因は、運転手の軽率な判断にあった。「轻率、草率
    重大問題を~に処理する/轻率地处理重大问题
  • けがらわしい【汚らわしい】
    そんなひどい噂話は、聞くのもけがらわしい。「卑鄙、肮脏、猥亵
  • げっそり
    不合格の知らせに、息子はげっそりとやせてしまった。「急剧消瘦
    入試に落ちてげっそりする。「骤然灰心
  • けつぼう【欠乏】
    大雪に閉じ込められて、だんだん食料も欠乏してきた。「缺乏、缺少
    ビタミンの~で死ぬ/因缺少维生素而死
  • けとばす【蹴飛ばす】
    大男にむこうずねを蹴飛ばされ、痛さにしゃがみこんでしまった。「踢开、踢倒
    申し出(もうしで)を蹴飛ばした。「拒绝
  • けなす【貶す】
    お気に入りの洋服をけなされ、彼女は機嫌が悪い。「贬低、贬斥
    陰で人を~/背地里贬斥人
  • けんぎょう【兼業】
    彼の家は農家といっても、お父さんが会社勤めをしている兼業農家だ。「兼营、兼业
  • けんげん【権限】
    審判の権限で試合は中止になった。「权限、权力
  • けんざい【健在】
    祖父は、田舎で健在だ。「健在
    彼の才能が健在であることをアピールした。「保持原有状态
  • けんぜん【健全】
    会社経営が健全である。「制度面的健全
    彼は健全な肉体と精神を兼ね備えている。「心身面的健全」
    けんち【見地】
    消費者の見地からすると、この決定は妥当なものと言える。「观点、立场
  • げんみつ【厳密】
    厳密な審査の末、彼女が選べれた。「严密、周密
  • けんめい【賢明】
    あの人は賢明な人なので、考えを一度聞いてみた方がよい。「明智、高明
  • けんやく【倹約】
    彼女は倹約家なので、貯金が増える一方だ。「节约、节省
  • けんよう【兼用】
    そのTシャツは男女兼用だ。「两用、合用
    晴雨(せいう)兼用の傘/晴雨两用伞
  • こうい【好意】
    彼は、彼女にひそかに好意を抱いている。「好意、美意
  • こうきょう【好況】
    不況期が終わり、好況の兆しが見えてきた。「繁荣、景气
    ~に向かう/走向繁荣
  • こうこう【煌々】
    クリスマスのイルミネーションが、夜空にこうこうと輝いていた。「亮堂堂、辉煌
  • こうじょ【控除】
    父は、税金から祖母の分の扶養控除が受けられる。「扣除
    必要な経費を~する/扣除必要经费
  • こうしょう【高尚】
    彼の趣味は、クラシック音楽の鑑賞と演奏で、実に高尚なものばかりだ。「高深、高尚
  • こうたく【光沢】
    こんな美しい光沢の生地は見たことがない。「光泽
    磨いて~を出す/磨出光泽
  • こうみょう【巧妙】
    詐欺師は巧妙な手口で、被害者を信用させた。「巧妙
  • こがら【小柄】
    彼は小柄だが、一流の選手だ。「身材短小
    ~な人/矮个儿的人
    小柄な模様の服がよく似合う。「小花样、碎花纹
  • ここ【個々】
    条件や環境が異なるので、この問題は個々に検討すべきだ。「每个、各自
  • ここち【心地】
    上司にほめられ、天にも昇る心地がした。「感觉、心情
    寝心地のよいベッドを買う。「躺着的感觉」
  • こころえ【心得】
    敬語の使い方の心得がないようでは、社会人として失格だ。「知识、经验、心得
    茶道には~がない/对于茶道是外行
    ピアノにはいささか~がある/对于钢琴稍微懂得一点
    生徒~/学生须知[须知,规章制度,注意事项] 受験の~/应试须知
  • こころがける【心掛ける】
    普段からよく歩くよう心掛けてください。「注意、留心、留意
    人の悪口を言わないように~/注意不说别人的坏话
    お話は心がけておきましょう/你的话我将记在心上
  • こころざす【志す】
    彼は画家を志して、学校を退学した。「立志、志向
  • こころづよい【心強い】
    あの人は、私たちにとって心強い味方だ。「放心、有把握
  • こころぼそい【心細い】
    あの山に登るのに、この装備では心細い。「心中没底
    懐が心細くなる。「囊中羞涩
  • こころみる【試みる】
    新しい企画を試みたが、結果は失敗に終った。「试试
  • こころよい【快い】
    夕方の風が頬に快い。「惬意
    彼は私のお願いを快く引き受けてくれた。「痛快、爽快
  • ごさ【誤差】
    多少の誤差を、最初から計算に入れて設計する。「误差
  • こじれる【拗れる】
    田中さんが参加したら、もっと話がこじれてしまった。「复杂化
    こじれると手がつけられない。「别扭、执拗
  • こだわる【拘る】
    済んでしまったことに、いつまでも拘っていてもしようがない。「执着
    このことにはこだわらないことにしよう/不要拘泥这一点吧.
    小事に拘る。「拘泥」
  • こちょう【誇張】
    彼は、自分の手柄を誇張して言い過ぎる。「夸张、夸大
  • こつ
    こつをつかんでから、商売がうまくいくようになった。「秘诀、窍门
  • こっけい【滑稽】
    彼女は、はたから見ると滑稽なほど、髪の手入れに執着している。「滑稽、诙谐
  • ことごとく
    投資の失敗で、財産をことごとく失ってしまった。「一切、全部
  • ことに【殊に】
    今年の冬は殊に冷え込みが厳しい。「特别、格外、尤其
  • ことによると【事によると】
    約束はしたが、ことによると彼女はこないかもしれない。「或许、说不定
  • こなごな【粉々】
    ガラスが割れて粉々になった。「粉碎、粉末
  • このましい【好ましい】
    この頃、好ましくない事件が続いている。「可喜、令人满意
  • こべつ【個別】
    今日から2年生の個別指導が始まる。「个别
  • コマーシャル
    今の子供は、コマーシャルのおかげで、何でも知っている。「商务的、商业广告
  • ごまかす【誤魔化す】
    彼は都合が悪いと笑ってごまかす。「敷衍、蒙混
    税金をごまかす。「舞弊、作假