唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日语一级800个核心词(三)

  • こまやか【細やか】
    このぺンダントは、模様が細やかで美しい。「细致」
    下町は人情が細やかだ。「深厚、浓厚」
  • こめる【込める】
    この手料理は、母が心を込めて作ったものだ。「精心、贯注」
    銃に弾丸を込める。「装填」
  • こもる【籠る】
    部屋中にタバコの煙がこもってしまい、気分が悪い。「充满、不通气」
    家に籠る。「闭门不出」
    声が籠る。「声音(口齿)不清楚」
    内に籠る。「闷在、憋在」
  • こゆう【固有】
    能は日本固有の伝統芸能だ。「固有、特有」
  • こらす【凝らす】
    目を凝らしてのぞいてみると、水面下にきれいな魚が見える。「凝、集中」
  • こりる【懲りる】
    何度も失敗しているが、彼は懲りずにまた商売を始めた。「教训、惩罚(因吃过苦头而不敢再尝试)」
  • こる【凝る】
    私は今、料理に凝っている。「热中、狂信」
    凝った模様のセーターを編む。「煞费苦心,下了功夫」
  • こんき【根気】
    レース編みは、根気のいる仕事です。「耐性、耐心」
  • さいく【細工】
    手作りの家具は、細工が精巧で美しい。「工艺、精细」
    陰で細工をする。「玩弄技巧、耍花招」
  • さえぎる【遮る】
    相手の言葉を遮ってしまい、口論になった。「遮拦、打断、阻挡」
    新ビルによって日光が遮られる。「遮蔽、遮挡」
  • さえる【冴える】
    疲れているのか、近頃顔色がさえない。「(否定)泄气、失望、无精打采」
    さえた腕。「纯熟、灵敏」
    雨で紅葉がいちばんとさえる。「鲜明、清澈」
  • さける【裂ける】
    秘密にすると約束したので、口が裂けても言わない。「撕裂」
  • さしかかる【差し掛かる】
    橋の上にさしかかった時、向こうからやってくる母を見つけた。「路过、靠近」
    そろそろ雨季に差し掛かる。「临近」
    木の枝が塀に差し掛かっている。「垂悬、笼罩在」
  • さしず【指図】
    社長は部下たちに指図して、新しい契約をまとめさせた。「指示、吩咐、命令」
  • さしつかえる【差し支える】
    あまり親しくなりすぎると、仕事にさしつかえる。「妨碍、有影响」
  • さする【摩る】
    父のくせは、考え込む時に、額をさすることだ。「抚摸、轻抚」
  • さぞ
    そんな手紙が届いたなんて、さぞびっくりなさったことでしょう。「想必、一定是」
  • さだまる【定まる】
    お天気が定まらないので出発できない。「稳定、安定」
    方針が定まった。「决定、确定」
  • ざつ【雑】
    あの人は雑な性格なので、よく小さな失敗をする。「草率、粗枝大叶」
  • さっする【察する】
    彼女の気持ちを察して、彼は優しい言葉をかけた。「推测、揣测」
    こちらの事情も少しは察してほしいものだ。「体谅、谅察」
  • さっと
    冷たい風がさっと引き抜ける。「突然、骤然」
    メモにさっと目を通す。「很快」
  • さっぱりする
    シャワーを浴びてさっぱりした。「爽快」
    今日は何かさっぱりしたものが食べたい。「清淡、不油腻」
    売り上げがさっぱりだ。「冷清、糟糕」
    試験のことはきれいさっぱりと忘れてしまった。「完全、彻底」
    さっぱりした身なりをしている。「整洁、利落」
  • さなか【最中】
    食事の最中、歯が痛み出した。「正当中、最高潮」
  • さほど
    あの人は、さほど怒りっぽいわけではない。「(并不)那样」
  • サボる
    彼女は、会社をサボってバーゲンに行った。「怠工、偷懒」
  • さわる【障る】
    彼の言うことは、いちいち気に障る。「得罪、伤害感情」
    夜ふかしは健康に障るぞ。「妨碍」
  • さんび【賛美】
    彼女気高さを、皆が賛美した。「赞美」
  • しあがり【仕上がり】
    料理長は、すべての料理の仕上がりをチェックする。「完成情況、做好准备」
  • しあげ【仕上げ】
    あの大工さんの仕上げは、いつもきれいだ。「作完的結果」
    仕上げが肝心。「一锤定音」
  • しいて【強いて】
    こんな雨なのだから、強いて出かけることはない。「勉强一定」
  • しいる【強いる】
    近所の付き合いで、商店会の行事に寄付を強いられた。「强迫」
  • しいれる【仕入れる】
    その日の朝に仕入れた新鮮な材料で、料理を作る。「购入、买入」
    インターネットで最新情報を仕入れた。「取得、获得」
  • しかける【仕掛ける】
    明日の朝、早起きするため、目覚まし時計を仕掛けた。「设置、布置」
    いたずらを仕掛ける。「挑衅」
    夕食の準備をしかけたところで電話が鳴った。「开始做」
    しかけてやめだ。「途中」
  • しきる【仕切る】
    今回のパーティーの進行を、彼が仕切る。「主持、掌管」
    部屋を二つに仕切って姉妹で使う。「隔开」
  • しくじる
    今度はしくじらないよう、準備を万全にして試験に臨んだ。「失败、失策」
  • しくみ【仕組み】
    世の中の仕組みには、ときどき納得のいかないところがある。「规定、结构」
  • じざい【自在】
    彼は新しい機械を自在に操る。「自由自在」
  • しじ【支持】
    彼女の提案は、支持された。「支持、拥护」
  • したごころ【下心】
    彼が急に親切になったのは、下心があるからに違いない。「用心、企图」
    彼のしたごころを見抜く。「内心、本心」
  • したじ【下地】
    彼女は下地ができていたので、上達が早かった。「素质、基础」
  • したしらべ【下調べ】
    今日の公開授業のため、入念な下調べをした。「预习、预先调查」
  • したどり【下取り】
    古い自動車を下取りしてもらい、新車を少々安く買った。「用旧物折价贴换新物」
  • したび【下火】
    1時間の消火活動で、火はようやく下火になった。「衰退、微弱」
  • シック
    この部屋のインテリアはとてもシックだ。「雅致」
  • じっくり
    旅行の計画を友人とじっくり相談する。「仔细的、踏踏实实」
  • しつけ【躾け】
    彼女はしつけの厳しい家庭で育った。「教养、家教」
  • しとやか【淑やか】
    あの人の歩き方は、しとやかで上品だ。「端庄、稳重」
  • しなびる【萎びる】
    水をやり忘れたので、花がしなびてしまった。「枯萎」
  • しなやか
    体操選手の体は、とてもしなやかだ。「柔美、优美」
  • しのぐ【凌ぐ】
    輸出の増加は、円安当時をしのぐ勢いだ「摆脱、抵御」
  • しぶい【渋い】
    このお茶は渋すぎる。「涩」
    彼女は若いわりに、洋服の好みが渋い。「素雅、质朴」
    娘の話を聞いて父は渋い顔をした。「不快、不满意」
  • しぶとい
    彼はしぶとい打者なので、ここでピットを打つかもしれない。「顽强」
    まったくしぶといやつだ。「頑固、倔强」
  • しみる【染みる】
    寒さが厳しく、骨身にしみる。「刺(骨)」
    Tシャツの背中に汗がしみ出ている。「染上、渗浸」
    教訓が身にしみる。「铭刻」
  • しめい【使命】
    与えられた使命を実行する。「使命」
  • しや【視野】
    視力が落ちていなくても、視野が狭まったのなら、眼科で受診したほうがよい。「视野」
    彼は広い視野に立ってものを考える。「眼界」
  • じゃっかん【若干】
    予算が若干余ったので、新しいテレビを買った。「若干、少许」
  • ジャンル
    本棚の本をジャンル別に整理してください。「种类、体裁、流派、风格」
  • しゅうし【終始】
    彼の言い分は終始一貫していた。「从头到尾」
  • しゅうちゃく【執着】
    父はこの土地に執着しているので、引っ越すことはないだろう。「留恋、执着、贪恋」
  • じゅうらい【従来】
    従来どおりのやり方には限界がある。「一如既往」
  • しゅくめい【宿命】
    何をやっても失敗ばかり、これが宿命なのだろうか。「宿命」
  • しゅっせ【出世】
    彼は確実に出世するだろう。「成功、发迹、晋升」
  • じゅんじる【準じる】
    この場合は、今までの規則に準じて処罰するしかない。「以...为标准」
  • しよう【仕様】
    もはやどうにもしようがなかった。「办法」
    箱の中にやり方の書かれた仕様書がある。「规格」
  • じょう【情】
    私は二人の情にうたれ、協力を申し出た。「情面、人情」
  • しょうする【称する】
    あの人は、自分を完璧主義者と称している。「自称」
    病気と称して会社を休む。「假称、伪称」
  • しょざい【所在】
    宮城県の県庁所在地は仙台だ。「所在地」
    責任の所在を明らかにする。「所在」
  • しょじ【所持】
    彼はいつもパスポートを所持している。「持、携带」
  • しょっちゅう
    彼は、しょっちゅう遅刻している。「经常、总是」
  • しょゆう【所有】
    彼がこの土地の所有者だ。「所有」
  • しんそう【真相】
    真相が明らかになるまで、事件の調査は続いた。「真相」
  • じんそく【迅速】
    客の苦情を迅速に処理する。「迅速」
  • しんにん【信任】
    彼を会長に信任する。「信任」
  • しんぼう【辛抱】
    長年辛抱してきたが、やっと新しいアパートに移ることができた。「忍耐、忍受」
  • すえる【据える】
    人形を台座に据えて飾った。「安设、放置」
    背中の痛い所に灸を据えた。「灸治」
    目を据えて見る。「沉着、凝视」
  • すがすがしい【清清しい】
    高原の風と空気はすがすがしい。「清爽」
  • すくう【掬う】
    縁日の屋台で金魚をすくう。「捞取、掬取」
  • すこやか【健やか】
    あの家の子供たちは、皆健やかに育っている。身も心も健やかでありたい。「健壮、健康」
  • すすぐ【漱ぐ,濯ぐ,雪ぐ】
    彼は、努力して過去の汚名をすすいだ。「洗刷」
    丁寧にすすぎ洗いをする。「洗涤」
  • すそ【裾】
    スカート丈が長いので、5センチメートルくらい裾を上げた。「下摆、裤脚」
  • すたれる【廃れる】
    最近の流行は、すぐに廃れる。「过时、衰退」
  • ストレス
    新しいお店の売り上げが伸びず、ストレスがたまる一方だ。「精神压力」
  • すばしこい
    泥棒はすばしこくて、逃げ足が早かった。「敏捷、利落」
  • すばやい【素早い】
    あの選手の攻撃はとても素早い。「快速、敏捷」
  • ずばり
    あいまいな意見が多い中で、彼だけがずばりと答えを出した。「击中要害、一语道破」
  • ずぶぬれ【ずぶ濡れ】
    途中で川に落ちてしまい、小犬はずぶぬれだ。「全身湿透」
  • すみやかに【速やかに】
    この件に関しては、速やかに対策を立てる必要がある。「迅速、及时」
  • ずらっと
    あの店には、新商品がずらっと並んでいる。「成排的」
  • ずるずる
    あやふやな態度で、返事をずるずると引き延ばす。「拖拉、缓慢、不干脆」
  • すれちがい【すれ違い】
    山登りの時は、知らない人同士でも、すれ違いざまに声をかけあう。「交错」
  • すんなり
    彼女は、手足がすんなりとして背が高い。「苗条」
    事件はすんなりと解決した。「顺利、不费力」
  • せいか【成果】
    彼は営業の仕事で成果を収めた。「成果」
  • せいぜん【整然】
    棚の上に、植木鉢が整然と並んでいる。「井然有序、有条不紊」
  • せいとう【正当】
    彼の言い分は正当だ。「正当、合理」
  • せいめい【声明】
    その小国の指導者は、内外に緊急声明を発表した。「声明」
  • せかす【急かす】
    すぐに出発しますから、そう急かさないでください。「催促」
  • せじ【世辞】
    彼はだれにでもお世辞を言う。「恭维、奉承」
  • ぜせい【是正】
    不公平な給予体系の是正をする。「更正、订正」
  • せつじつ【切実】
    今年の夏の水不足は切実だ。「切实、迫切」
  • せつない【切ない】
    卒業して友達と離ばなれになるのは切ない。「悲痛、悲伤」
  • センス
    彼女は洋服のセンスがよい。「品味、感觉」
  • ぜんてい【前提】
    全員参加を前提に旅行の計画を立てる。「前提」
  • そっぽ
    けんかした後、妹は呼んでもそっぽを向いて返事をしなかった。「扭向一边、不理睬」
  • そびえる【聳える】
    富士山は他のどの山よりもた高くそびえている。「耸立、伫立」
  • そらす【逸らす】
    事故の悲惨さに思わず目にそらした。「回避、转移」
  • そる【反る】
    材木は乾燥させないと、あとで床板などが反る。「弯曲、翘曲」
    思いきり胸を反らせて深呼吸する。「身子向后弯、挺胸」
  • ぞんざい
    ぞんざいな受け答えをすると、その人自身の印象を悪くします。「草率、马虎」
  • たいしょ【対処】
    相手が大物なので、対処を間違えると責任問題にもなりかねない。「处理、应付」
  • だいなし【台無し】
    楽しみにしていたキャンプも、雨で台無しになった。「断送、糟蹋」
  • タイミング
    いつ頼みごとを切りだそうかとタイミングを見計らっている。「时机」
  • たくましい【逞しい】
    ひ弱だった彼も、苦労してからすっかりたくましくなった。「坚强、旺盛、健壮」
  • たくみ【巧み】
    漁師は、巧みに綱を操って魚を追い込んでいく。「巧妙、精巧」
  • たずさわる【携わる】
    この仕事に携わるのが私の小さい時からの夢でした。「参与、从事」
  • たっせい【達成】
    売り上げの目標を達成する。「达成、完成」
  • たてまえ【建前】
    商人は、お客さま第一を建前としている。「方针、原则」
    本音と建前は別だ。「场面话」
  • たどる【辿る】
    歴史をたどって、ことばの意味の変化を知る。「追溯、探索」
    破滅の運命をたどる。「走向」
  • たばねる【束ねる】
    洗った髪を一つに束ねる。「包、捆、束」
    町内を束ねる。「管理、整顿」
  • だぶだぶ
    今の若者のあいだでは、だぶだぶのズボンが流行している。「又肥又大」
    ソースをだぶだぶにかける。「满、盈」
  • たもつ【保つ】
    安定した生活を保つためには、最低限の収入が必要だ。「保持、维持」
  • たやすい【容易い】
    彼の技術があれば、一日で仕上げるのはたやすい。「容易、轻易」
  • たよう【多様】
    日本でも、雇用形態は多様になってきた。「多种多样」
  • だるい
    月曜の朝は、少し体がだるいように思う。「发倦、慵懒」
  • たるむ【弛む】
    大きな仕事を一つ片づけたら、気がたるんでしまった。「松懈」
  • たんいつ【単一】
    単一民族から成る国家は数少ない。「单一」
  • ちゃくもく【着目】
    着目すべき点を間違えると、問題が思わぬ方向へ進んでしまう。「着眼、注目」
  • ちやほや
    田中さんは一人っ子なので、ちやほやされて育った。「溺爱、娇养」
  • ちゅうこく【忠告】
    あの時、君の忠告がなければ、今頃私はどうなっていたかわからない。「忠告」
  • ちゅうしょう【中傷】
    そんな噂は、私を陥れるための中傷にすぎない。「中伤、诽谤」
  • ちょうほう【重宝】
    彼女はよく気がつくので、皆から重宝されている。「器重、爱惜」
    いろいろに使えて重宝な用具。「便利、适用」
  • ちょくちょく
    彼はちょくちょくこの店にくるので、近いうちに会えると思う。「时常、往往」
  • ちらっと,ちらりと
    電車の中でちらっと見ただけなので、よく覚えていない。「一闪、一晃」
  • ついやす【費やす】
    彼女は、一日のほとんどを読書に費やす。「花费」
    つまらないことでむだに時間を費やした。「浪费」
  • つうせつ【痛切】
    挑戦者はチャンピオンに敗れて、力の差を痛切に実感した。「痛切、深切」
  • つかのま【束の間】
    彼は、束の間の休暇を思いっきり楽しんだ。「转瞬、转眼之间」
  • つきなみ【月並み】
    企画会議は長時間に及んだが、月並みな案しか出なかった。「平庸、平凡」
    月並みの行事。「毎月」
  • つきる【尽きる】
    がむしゃらに働いてばかりいると、体力がつきてしまう。「用完、穷尽」
  • つくす【尽くす】
    全力を尽くして戦ったが、いま一歩及ばなかった。「尽力、竭尽」
  • つくづく
    つくづく会社が嫌になった。「深切、痛切」
    つくづく考える。「仔细」
  • つげる【告げる】
    別れを告げる場面は、涙を誘われる。「告知、通知」
  • つじつま【辻褄】
    この小説は前半と後半で矛盾があり、話のつじつまが合わない。「条理、首尾、前后」
  • つつしむ【謹む】
    失礼にならないよう言葉を謹む。「谨慎、慎重」
    病気中はタバコを謹みなさい。「节制」
    謹んで新年のお慶びを申し上げます。「谨、敬」
  • つっぱる【突っ張る】
    そんなに最後まで突っ張るのなら、もう勝手にしなさい。「支撑、顶」
    横腹が突っ張る。「突然剧痛」
  • つとめて【努めて】
    複雑な話を、努めて簡単に伝えようとした。「尽量、尽可能」
  • つねる【抓る】
    彼はあまりのうれしさに、夢ではないかと自分のほおをつねってみた。「拧、掐」
  • つのる【募る】
    交通安全の標語を、広く一般から募ることにした。「征集、招募」
    離れれば離れるほど恋しさが募る。「越来越厉害」
  • つぶやく【呟く】
    独り暮らしを始めてから、老人はしょっちゅう何かつぶやくようになった。「发牢骚」
  • つぶら【円ら】
    子供のつぶらな瞳を見ていると、心がなごむ。「圆」
  • つぶる【瞑る】
    顔の前で手を叩かれると、人は思わず目をつぶる。「闭眼」
    いましばらく目をつぶっていてください、そのうちに彼もわかってくれるでしょう。「假裝不知道」
  • つまむ【摘む,撮む】
    どうぞ手でつまんで食べてください。「抓、挾」
    要点をつまんで話す。「摘取」
  • つらなる【連なる】
    国境近くに山々が連なっていた。「成排、连绵」
    国際問題につらなる事件。「牵涉」
    委員の末席につらなる。「列席」
  • つらぬく【貫く】
    初志を貫いて、目的の大学に入った。「贯彻、坚持」
    運河がしの中央を貫いて流れる。「穿过」
  • つらねる【連ねる】
    修学旅行の一行は、5台のバスを連ねて出発した。「连成一排」
  • てあて【手当】
    給料には家族手当や住宅手当が含まれている。「津贴、补贴」
  • ていぎ【定義】
    美しさの定義は、人それぞれ違うものです。「定义」
  • ていけい【提携】
    関連企業との提携が、唯一残された会社再建の道です。「协作、合作」
  • ていさい【体裁】
    パーティの会場を体裁よく飾る。「门面、样式」
    私はお体裁を言えない性格だ。「奉承话」
  • ておくれ【手遅れ】
    医者に見せた時には、病気はかなり進行していて、もはや手遅れだった。「耽误、错过」
  • てがかり【手懸り】
    犯人逮捕の手がかりを、一般市民からの情報によって得た。「线索、头绪」
  • てがける【手掛ける】
    彼が手掛けた仕事のほとんどは、人々の高い評価を得ている。「亲自动手」