唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

日语一级800个核心词(五)

  • ひとがら【人柄】
    彼女は美人な上に、人柄もいいので、みんなに好かれている。「人品、人格」
  • ひとすじ【一筋】
    彼は忍耐一筋の苦労人なので、失敗してもくじけない。「一心一意」
  • ひとめ【人目】
    逃亡中の犯人は、昼間は人目につくので、夜行動した。「众目」
  • ひどり【日取り】
    退院の日取りは、今週中に決まる。「日期、日程」
  • ひなた【日向】
    猫が、日向で気持ちよさそうに眠っている。「朝阳的地方」
    日向でほこりを立てる。「沒事找事」
  • ひび【罅】
    そのアパートは、建ってから30年にもなるので、壁にひびが入っている。「裂缝、裂纹」
    友情にひびが入った。「人的关系发生裂痕」
  • ひやかす【冷やかす】
    新婚の彼を周りの女子社員がいつも冷やかしている。「调侃、开玩笑」
  • ひょっとしたら
    ひょっとしたら雨が降るかもしれないから、傘を持って行こう。「也许、或许」
  • ひらたい【平たい】
    平たい皿に料理を美しく盛り付ける。「平、扁平」
    平たい言葉で述べる。「浅显、简单」
  • ふい【不意】
    不意に呼び止められて、びっくりした。「冷不防、突然」
  • ブーム
    社交ダンスが、最近ブームになっている。「流行、潮流」
  • ぶかぶか
    靴がぶかぶかだったので、走ったら脱げてしまった。「肥大」
  • ふくれる【膨れる】
    夕食後、お腹がふくれたので、眠くなった。「膨胀」
    あの子は、叱られるとふくれた。「噘嘴、不高兴」
  • ふさわしい【相応しい】
    ホテルでのパーティーには、その場にふさわしい服装で出かける。「相称、相符」
  • ふしん【不審】
    夜遅く一人でぶらついていたら、不審に思われて、警察に通報された。「可疑」
  • ふしん【不振】
    心配事があって、食欲不振になった。「不佳」
  • ぶつぎ【物議】
    脳死の判定基準が公表され、物議をかもしている。「公众的批评」
  • ふっきゅう【復旧】
    大地震のあと、懸命の復旧作業が続けられた。「恢复原状」
  • ぶっし【物資】
    災害にあった国に、食料や医薬品などの物資を援助する。「物资」
  • ふとう【不当】
    みんなと同じように働いているのに、私だけ給料が不当に低い。「不合理」
  • ぶなん【無難】
    良く知らない人に対しては、丁重に接する方が無難だ。「无可非议、说得过去」
  • ふへん【普遍】
    教科書の記述は、普遍的なものが望ましい。「普遍」
  • ふまえる【踏まえる】
    理想もよいが、常に現実を踏まえて計画を立てるべきだ。「依据、根据」
    揺れている甲板をしっかり踏まえた。「踏、踩」
  • ふみこむ【踏み込む】
    表面だけの議論ではなく、もう一歩踏み込んだ意見がほしい。「跨进」
  • ふらふら
    徹夜した次の日は疲れてふらふらだった。「摇晃、晕乎乎」
    考えがふらふらと定まらない。「游移不定」
  • ぶらぶら
    暇なので、町をぶらぶらした。「溜达」
    定年退職した父は、家でぶらぶらしている。「赋闲」
  • ふり
    お年寄りが困っていたら、知らないふりをせずに助けよう。「装作、假装」
  • ふりかえる【振り返る】
    声をかけられて振り返ると、学生時代の友人だった。「回头看」
    過去を振り返って反省する。「回顾、回首」
  • ふりだし【振り出し】
    容疑者が犯人ではなかったことが判明し、捜査は振り出しに戻った。「出发点、最初」
    振り出しの日付。「开出(票据)」
  • ふるわせる【震わせる】
    小犬は、雨にぬれて全身を震わせていた。「使~哆嗦」
  • ふんしつ【紛失】
    旅行中パスポートを紛失し、予約した飛行機に乗れなかった。「丟失」
  • ふんだん
    ハリウッド映画は、資金をふんだんに使って作られるので、豪華で面白い。「大量、很多」
  • へいこう【閉口】
    暑い日に、クーラーもないところで、1時間も待たされて閉口した。「受不了、吃不消」
    彼は問い詰められて閉口した。「闭口无言」
  • へきえき
    あの人の自慢話にはへきえきする。「感到为难、够人」
  • ぺこぺこ
    お腹がすいてぺこぺこだ。「饿、空」
    上役にぺこぺこする。「点头哈腰」
  • へだたる【隔たる】
    街から遠く隔たった農村に、彼女は暮らしている。「距离、相隔」
  • べんかい【弁解】
    みんなに迷惑をかけたのだから、弁解するより、ます謝るのが先だ。「辩解」
  • ほうしき【方式】
    正確な統計資料を作るため、新しい計算方式を採用した。「方式」
  • ほうじる【報じる】
    犯人逮捕のニュースが報じられた。「报知」
    恩に報じる。「报答」
  • ぼうぜん【茫然】
    地震で家が全壊し、しばらくぼう然としていた。「茫然若失」
  • ほうりこむ【放り込む】
    突然お客さんが来たので、荷物を押し入れに放り込んだ。「投入、扔进去」
  • ほうりだす【放り出す】
    疲れると、勉強を放り出してテレビを見る。「放弃、丢开」
    学校を放り出される。「开除」
  • ぼける【惚ける,呆ける,暈ける】
    この写真はピントがぼけている。「模糊」
    年を取って頭がぼけてしまった。「糊涂、发呆」
  • ほころびる【綻びる】
    古いシャツの縫い目がほころびていた。「开线」
    梅の蕾が綻び始める。「绽开」
  • ほっさ【発作】
    彼の自殺は、遺書もなく、発作的なものだったらしい。「突然性的、发作性的」
  • ぼっしゅう【没収】
    ブランド品のにせものを製造していた業者が逮捕され、製品は全部没収された。「没收」
  • ほっそく【発足】
    ボランティアの連絡組織が発足した。「成立」
  • ほっと
    けがが意外と軽かったので、ほっとした。「松了一口气」
  • ほどける【解ける】
    固く結んであったので、ひもがなかなかほどけなかった。「解开、松开」
  • ほどこす【施す】
    救急車が到着する前に、応急処置を施した。「施行」
    恩惠を施す。「周济、施舍」
    おのれの欲せざるところを人に施すことなかれ。「己所不欲勿施于人」
  • ほとり
    そのホテルは、湖のほとりにあって景色が良かった。「边、畔」
  • ぼやく
    彼は、給料が安いと、いつもぼやいている。「嘟哝、发牢骚」
  • ぼやける
    霧のため、景色がぼやけてよく見えない。「模糊、不清楚」
  • ほろびる【滅びる】
    千年続いた王国は、隣国との戦争に敗れ滅びた。「灭亡、灭绝」
  • ほんかく【本格】
    画家の弟子になって、油絵を本格的に学んだ。「正规、正式」
  • ほんね【本音】
    本音を聞き出そうとしたが、彼はなかなか明かそうとしなかった。「真心话」
  • ほんば【本場】
    上海で本場の中華料理を味わう。「发源地」
  • まえおき【前置き】
    前置きは抜きにして、すぐに本題に入ろう。「开场白」
  • まえもって【前もって】
    前もって地図で調べておいたので、道に迷わないですんだ。「事先、预先」
  • まかなう【賄う】
    生活は夫の給料で賄っている。「维持、提供」
  • まぎらわしい【紛らわしい】
    最近は似たような名前の会社が多いので、紛らわしい。「容易混淆、不易分辨」
  • まぎれる【紛れる】
    たいくつな時、音楽を聞いていると、気が紛れる。「解闷、派遣」
  • まごつく【間誤付く】
    初めてのところなので、何がどこにあるのかわからず、まごついた。「茫然不知所措」
  • まことに【誠に】
    わざわざお見舞いにきていただき、まことにありがとうございました。「实在、非常」
  • まさしく【正しく】
    食器といってもここまで美しく仕上げてあると、これはまさしく芸術だ。「的确、沒錯」
  • ~まし
    ランチにコーヒーをつけると、100円増しになります。「增加、增多」
    こんなものなら、ないほうがましだ。「比~好些」
  • まじえる【交える】
    講師は冗談を交えて面白く話したので、難しい講義も退屈しなかった。「夹杂、掺杂」
    言葉を交える。「交換」
  • まして【況して】
    健康な人でさえ、この暑さはこたえる。まして病人は、なおさらだ。「何況、況且」
  • マスコミ【マスコミュニケーション】
    その小説は、テレビや雑誌などのマスコミに取り上げられ、売れ行きが伸びた。「宣传媒介」
  • またがる「跨る」
    登山ルートは、富山県と長野県にまたがっている。「橫跨」
  • まちどおしい【待ち遠しい】
    7月になると、夏休みが待ち遠しい。「盼望、急切等待」
  • まちのぞむ【待ち望む】
    待ち望んでいた友人との再会が、やっと実現した。「期待、殷切希望」
  • まちまち【区々】
    学生の国籍はまちまちで、中国人もいればアメリカ人もいる。「形形色色」
  • まぬがれる【免れる】
    彼だけホテルのフロントに貴重品を預けておいたので、盗難の被害を免れた。「避免、摆脱」
  • まばたき【瞬き】
    びっくりして、まばたきもせずに相手の顔を見つめた。「眨眼」
  • まひ【麻痺】
    脳の血管が詰まり、手足がまひして動かない。「麻痺」
    地震で交通機関がまひする。「瘫痪」
  • まるごと【丸ごと】
    リンゴを切らないで、丸ごとかじる。「整个、完整」
  • まるっきり
    朝からずっと釣りをしているが、まるっきり釣れない。「全然、根本」
  • まるまる
    赤ん坊は、まるまると太っていた。「蜷曲」
  • まるめる【丸める】
    大きな紙を丸めて筒に入れる。「揉成团」
  • まんじょう【満場】
    提案は満場一致で可決された。「全场」
  • みあわせる【見合わせる】
    台風が近づいているというので、出発を見合わせた。「暂停、推迟」
    諸条件を見合わせた上で決める。「比较、对照」
  • みおとす【見落とす】
    数字の間違いを見落とし、会議で指摘されて恥をかいた。「看漏、忽略过去」
  • みかく【味覚】
    スイカは、夏の味覚として親しまれている。「味觉」
  • みぐるしい【見苦しい】
    子供の前で、夫婦げんかをするのは見苦しい。「难看、沒面子」
  • みこみ【見込み】
    雨は今日いっぱい降り続く見込みだ。「估计」
    将来見込みのある人物。「希望」
  • みじん【微塵】
    たまねぎをみじん切りにする。「碎末」
    もうけるつもりはみじんもない。「一点」
  • みすぼらしい
    服装はみすばらしいが、彼は有名な学者だ。「寒碜、破旧」
  • みせびらかす
    新しい車を買ったので、みんなに見せびらかしている。「卖弄、炫耀」
  • みたす【満たす】
    大きなコップになみなみとビールを満たす。「充满」
    長い間の希望を満たす。「满足」
  • みだす【乱す】
    風が吹いてきて、私の髪を乱した。「弄乱」
  • みぢか【身近】
    身近に知っている人がいないと、何かあった時に不安だ。「身边、近旁」
  • みっしゅう【密集】
    密集した住宅地のため、火はまたたく間に広がった。「密集、稠密」
  • みっせつ【密接】
    日本とアメリカは、経済的に密接な関係にある。「密切」
  • みつもり【見積り】
    建設会社に、建築費の見積りを出させる。「估价」
  • みとおし【見通し】
    建物は今週中に完成する見通した。「预料、推测」
    見通しのきく場所。「瞭望、眺望」
    おまえの考えていることは何もかもお見通しだ。「看穿」
  • みなす【見なす】
    30分以上の遅刻は欠席とみなす。「看作、认为」
  • みなり【身なり】
    立派な身なりをしていたので、お金持ちだと思った。「装束、服饰」
  • みのうえ【身の上】
    彼は、少年時代に両親を失った不幸な身の上を語った。「身世、境遇」
  • みのがす【見逃す】
    子供のいたずらだから、見逃してやろう。「饶恕、宽恕」
    これは見逃せない映画だ。「错过看的机会」
    せっかくのいい機会を見逃した。「放过、放跑」
  • みのまわり【身の回り】
    「火事だ!」という声に、身の回りのものだけ持って逃げた。「身边衣物」
    身の回りの世話をする。「日常生活」
    身の回りをきれいにしておく。「应该自己处理的事」
  • みはからう【見計らう】
    帰宅する時間を見計らって、友人を訪ねた。「斟酌、估計」
  • みはらし【見晴らし】
    彼の家は丘の上に建っているので、見晴らしがいい。「眺望、景致」
  • みぶり【身振り】
    外国語が分らなくても、身振り手振りで何とか通じる。「姿态、动作」
  • みれん【未練】
    仕事に未練はあったが、出産を機に会社を辞めることにした。「依恋、恋恋不舍」
  • みわたす【見渡す】
    大火事の被害にあった町は、見渡す限り焼け野原だった。「放眼望去」
  • むくち【無口】
    いつも無口なのに、今日はうれしいことがあったのか、よくしゃべる。「沉默寡言」
  • むしる
    タラの干物をむしって食べる。「撕、揪、拔」
  • むだづかい【無駄遣い】
    夏は雨が少なく、水不足になるので、水の無駄遣いはやめよう。「浪费」
  • むちゃ
    若い人は、むちゃな運転をして事故を起こしやすい。「胡乱、乱来」
  • むなしい【空しい】
    いくら働いても、生活が楽にならないので、空しい。「空虛」
    むなしく1時間待った。「白白、徒然」
  • むやみに【無闇に】
    むやみに山の木を切ると、洪水の原因になる。「过度、过分」
    むやみに他人を信じてはいけない。「随便、轻率」
  • むら【斑】
    ペンキの塗り方にむらがあって、濃いところと薄いところがある。「不均匀、有斑点」
    成績にむらがある。「参差不齐」
  • むろん【無論】
    駅まで遠いと、通勤には無論、買い物にも不便だ。「不用说」
  • めいちゅう【命中】
    弾が命中して、鳥が落ちてきた。「命中」
  • めいはく【明白】
    調査の結果、川の水は予想以上に汚染されていることが明白になった。「明显」
  • めいりょう【明瞭】
    発音が不明瞭で、何を言っているのかよく聞き取れなかった。「明了、明确」
  • めくる
    月が変わったので、カレンダーをめくる。「揭下、翻」
  • めざましい【目覚しい】
    第二次世界大戦後、日本はめざましい発展を遂げた。「惊人、异常显著」
  • めつき【目つき】
    父は厳しい目つきで、いたずらをした息子をにらんだ。「眼神」
  • めど【目処】
    工事が遅れていて、完成のめどがつかない。「目标」
  • めもり【目盛り】
    太陽が朝から照りつけて、温度計の目盛りが30度を超えた。「刻度」
  • めんする【面する】
    その部屋は大通りに面しているので、車の音がうるさい。「面对、面向」
  • めんぼく【面目】
    先生の推薦で会社に入社したのだから、頑張らないと先生の面目が立たない。「脸面」
  • もうける【設ける】
    社内に保育所を設けたので、小さい子を持つ母親が働きやすくなった。「设立」
  • もうしいれる【申し入れる】
    事故が多い交差点に信号をつけるように、警察に申し入れた。「提出意见」
  • もうしでる【申し出る】
    急いている人は申し出てください。「报名、提出」
  • もうしぶん【申し分】
    卒業論文は、申し分ないほどよくできています。「欠缺、缺点」
  • もがく
    小さな子が、プールでおぼれそうになってもがいている。「挣扎」
  • もくろみ【目論見】
    競馬でひともうけしようというもくろみがはずれて、大損をした。「计划、策划、企图」
  • もしくは【若しくは】
    解答用紙には、鉛筆もしくはシャープペンシルで記入すること。「或者」
  • もたらす【齎す】
    投手力の充実が、このチームに優勝をもたらした。「带来、造成」
  • もちきり【持ち切り】
    町は、昨夜UFOが空に浮かんでいたという噂で持ち切りだ。「始终谈一件事、净谈」
  • もっか【目下】
    その件については、もっか検討中なのでもう少しお待ちください。「当前、目前」
  • もっぱら【専ら】
    最近は忙しいので、もっぱら外食だ。「主要、净」
  • もてなす【持て成す】
    外国からのお客様を、日本料理でもてなした。「款待、招待」
  • ものずき【物好き】
    お金にもならない研究を、一生懸命やるなんて物好きな人だ。「好事」
  • ものたりない【物足りない】
    一泊だけではものたりない気がして、もう一日泊まることにした。「不能令人十分满意」
  • もはや【最早】
    病気は、もはや治療できないほど進行していた。「(事到如今)已经」
  • もめる【揉める】
    もうけたお金の配分をめぐって、仲間同士でもめた。「发生争执、起纠纷」
  • もよおす【催す】
    運転中眠気を催したので、車を止めてしばらく眠った。「感觉要、有...征兆」
    このホールでは2000人の宴会を催すことができる。「举办」
  • もらす【漏らす】
    秘密を漏らさないように注意する。「泄漏」
  • もろい【脆い】
    雨で地盤がもろくなっているので、崖崩れに注意が必要だ。「易坏、脆弱」
  • もろに
    小船が大波をもろに受けて、沈んでしまった。「迎面、迎头」
  • やがい【野外】
    雨のため、野外でのパーティーは中止になった。「野外」
  • やけに
    今日はやけにお客が多くて、閉店前に売切れてしまった。「(多得)厉害、要命」
  • やしなう【養う】
    夫の収入だけで家族4人を養っている。「养活」
    自宅で病気を養う。「修养」
    良い習慣を養う。「培养」
  • やしん【野心】
    彼は入社した時から、社長になるという野心を持っていた。「野心」
  • やすっぽい【安っぽい】
    革製と比べて、ビニール製の靴は安っぽく見える。「俗气、庸俗」
  • やせい【野生】
    山に近い村には、時折、えさを求めて野生の猿がやってくる。「野生」
  • ややこしい
    話すとややこしいので、図に書いて説明します。「复杂、麻烦」
  • やりとおす【遣り通す】
    一度やると決めたことはやりとおす。「做到底」
  • やりなおす【遣り直す】
    何度もやりなおす。「重做、再做」
  • ゆうずう【融通】
    アパートを借りるのにお金が必要なので、親に融通してもらった。「通融」
    融通のきかない人。「临机应变」
  • ゆうぼう【有望】
    将来有望な新人がチームに加わった。「有前途、有希望」
  • ゆがむ【歪む】
    あまりの痛みに、彼の顔がゆがんだ。「歪曲」
  • ゆさぶる【揺さぶる】
    演奏のすばらしさに、心を揺さぶられた。「震撼」
    幹を揺さぶって実を落とす。「摇动」
  • ゆすぐ【濯ぐ】
    うがいをすると同時に、口をゆすぐ。「漱、涮洗」
  • ゆとり
    忙しい現代人には、ゆとりが欠けている。「余裕、余地」
  • ゆらぐ【揺らぐ】
    風で木の葉が揺らいでいる。「摇动、摇晃」
  • ゆるむ【緩む】
    靴のひもが緩んだので、結び直す。「松动」
    仕事が一段落して気が緩む。「松懈」
    制限が緩む。「缓和、放宽」
  • ようする【要する】
    その仕事には、少なくとも一週間を要する。「需要」
  • ようするに【要するに】
    要するに彼があきらめればよいのだ。「总之」
  • よける【避ける】
    水たまりがあったのでよけて通った。「躲避」
  • よそみ【余所見】
    授業中、よそ見をしていて先生にしかられた。「东张西望」
  • よち【余地】
    避難所は住民たちでいっぱいで、足をのぼす余地もないほどだった。「空地、余地」
  • よふかし【夜更かし】
    友達とお酒を飲んで夜更かししてしまい、朝起きられなかった。「熬夜」
  • よふけ【夜更け】
    テストの前日は、夜更けまで勉強していた。「深夜」
  • よほど【余程】
    あのおとなしい彼が怒るなんて、よほどのことがあったに違いない。「很、颇、相当」
    よほどやってみようかと思う。「很想、差一点就」
  • よりかかる【寄り掛る】
    子供は疲れていたのか、いすの背によりかかって寝てしまった。「依靠」
    いつまでも親によりかかってはいられない。「依赖」