唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

>>返回 日本语能力考试

日语N1核心词汇800个

おそれ【恐れ】
大型の台風が上陸する恐れがあります。「忧虑、担心」
恐れを知らぬ年ごろ「害怕、初生牛犊不怕虎」
おそれいる【恐れ入る】
わざわざ届けていただき、恐れ入ります。「是在不担当、不胜感激」
君の腕前には恐れ入った。「佩服」
こんなに寒いのに水泳とは、恐れ入った。「感到意外、吃惊」
おだてる【煽てる】
彼は、おだてるとすぐいうことを聞いてくれる。「给戴高帽、煽动、怂恿」
豚もおだてりゃ木に登る。「受到怂恿猪也能上树。指经不起吹捧」
おちこむ【落ち込む】
不景気だから、収入も落ち込んでいる。「下降、下跌」
落選した野口候補は落ち込んでいる。「郁闷、不痛快」
やせてほおが落ち込んでいる。井戸に落ち込んだ。「下陷、落入」
おてあげ【お手上げ】
毎日、雨続きでは、道路工事の仕事はお手上げだ。「束手无策、毫无办法」
おどおど【おどおど】
少年は何かにおびえているかのように、おどおどした目つきをしていた。「惴惴不安、心惊胆战」
おどす/おどかす【脅す】
彼は議員に対し、汚職を暴露するとおどしていた。「威胁、吓唬」
おのずから【自ずから】
今、何に興味があるか考えれば、おのずから、自分の進むべき道が見えてくる。「自然而然的」
おびえる【怯える】
小犬は、大きな犬が近くに寄ってきたのでおびえていた。「害怕、胆怯」
おびただしい【夥しい】
事故現場には、おびただしい量の血が流れていた。「大量、很多」
おびやかす【脅かす】
あの選手も、新人選手に、レギュラーの座を脅かされている。「威胁」
おびる【帯びる】
秋になり、木の葉が赤みを帯びてきた。「带有、含有」
剣を帯びる。「佩带」
特別の使命を帯びている。「担负」
おまけ
子どもの頃、おまけが欲しくて、よくお菓子を買った。「减价」
全部買ってくだされば、それをおまけに差し上げます。「(作为赠品)附送、白送」
おまけをつける。「添枝加叶、夸大其辞」
おもいつき【思いつき】
ちょっとした思いつきから大発明が生まれることもある。「偶然的想法、设想」
おもむき【趣】
時には趣を変えて、庭にテーブルといすを出して食事をしよう。「情趣、风趣」
それは以前とは趣を異にしている「情形、局面」
おもんじる【重んじる】
最近は、学歴よりも能力を重んじる企業が増えてきたそうだ。「重视、器重、尊重」
およぶ【及ぶ】
私の日本語能力は、ジョンさんの足元にも及ばない。「赶得上、匹敌」
被害が全国に及ぶ。「涉及、达到」
おりかえす【折り返す】
友人から手紙が届いたので、折り返し返事を書く。「折叠」
急用で、途中から折り返す。「返回」
折り返して電話する。「反复」
おろそか【疎か】
一円でもおろそかにしてはいけない。「疏忽」
おんわ【温和】
この地方は、気候が温和なため、みかんの栽培に適しているそうだ。「温和」
~界
芸能界で長く生きていけるのは、ほんの一部の人だけだそうだ。「范围」
かいしゅう【回収】
アンケート用紙を回収した。「回收」
がいする【害する】
彼の一言で、気分を害してしまった。「伤害、损害」
交通を害する。「妨碍」
人を害せんとしてわが身を害する。「害人反害己」
がいとう【該当】
該当事項に丸印をつける。「符合、适合」
がいとう【街頭】
卒業論文を書くために、街頭でアンケート調査をすることにした。「街头」
かいにゅう【介入】
両国の民間レベルの交流に、政治はできるだけ介入させたくない。「介入、插手」
かいほう【介抱】
病人を手厚く介抱した。「护理、服侍」
かえりみる【省みる】
過ちを省みない人は、進歩しないと思う。「反省、自问」
省みてやましいところがない。「问心无愧」
かおつき【顔つき】
息子は、性格も顔つきも、父親に似てきた。「相貌、样子」
かきまわす【掻き回す】
スープの鍋をかきまわすと、いいにおいがした。「搅拌、混合」
会社の中をかきまわす。「捣乱、扰乱」
かくさ【格差】
企業によって、社員の待遇に格差がある。「差別、差距」
かけ【賭け】
佐藤さんは賭けごとに夢中になって、本業をおろそかにしている。「赌博」
かさばる【嵩張る】
おみやげがかさばって、スーツケースのふたが閉まらない。「体积大、増大」
かさむ【嵩む】
今月は冠婚葬祭が多かったので、出費がかさんだ。「增大、增多」
かじょうがき【箇条書き】
要点を箇条書きにした。「一条条写、分项写」
かすか【微か】
遠くのほうからかすかに波の音が聞こえる。「微弱的、隐约、微微的」
かすむ【霞む】
富士山の山頂は、かすんでいてよく見えない。「云雾朦胧」
目がかすんで字がよく見えない。「模糊」
かする【掠る】
バットは、ボールにかすっただけだった。「掠过、擦过」
かそ【過疎】
町の過疎化に、町長は悩まされている。「过稀、过少」
~がたい
2年前の火災は、私にとっては忘れ難い出来事です。「不容易、难于」
かたこと【片言】
1歳半の娘は、片言だが話をするようになった。「只言片语」

>>返回 顶部

>>返回 日本语能力考试