唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

>>返回 日本语能力考试

日语N1语法精简版

3.~とばかりに
接続:普通文+とばかり(に)/動詞命令形.禁止形+とばかりに
意味:「~」を言葉で言うのではなく、いかにもそのような態度や様子で、
ある動作をすると言う意味。(「~といわんばかりに」の省略式)

4.~ともなく/~ともなしに
接続:(1)疑問詞+助詞+ともなく/~ともなしに
意味:どういうわけか、わからないが~した;目的は何か不明なままで、
~したどちらも言えないが、~起こった。
接続:(2)動詞辞書形+ともなく/ともなしに~と/たら、~(過去形)
意味:無意識に~していたら,こんな意外なことが起こったと言う意味。
説明:後項に使える言葉が「見る.聞く.言う.考える」のようなものである。

5.~ずくめ
接続:名詞+ずくめ
意味:物、色、出来事などに使う。~ばかり、/~が続いて起こる。
説明:よいことの例が多いが、たまにはあまり愉快でないことにも使う。

6.~っぱなし
接続:動詞連用形+っぱなし
意味:~の状態を続けていく;~をそのままにしておく。後の当然
しなければならないことをしないという評判的に気持ちを表すときに使う

7.~なりに/~なりの
接続:(1)~は~名詞+なりに/~は~名詞+なりの+名詞
意味:~の力の及ぶ範囲で、独特に、独自に
接続:(2)(~には)名詞+なりの名詞がある;それなりに/それなりの名詞
意味:~にふさわしい、独自な
注意:「私なりに/私なりの~」の形ではよく使うが、目上の人に向かってあまり使わない

8.~まみれ
接続:名詞+まみれ
意味:不快な液体や細かい物が体など全体に付いて来汚れいている様子。
説明:(1)「~まみれ」と「だらけ、ばかり」
「~まみれ」は体、或いは着物に付いていてけがれているもの意外にはつかわない。
(2)体その自身(肉体)の変化を表すには「だらけ」を用いる。

9.~めく
接続:名詞+めく
意味:~のように見える、~らしく見える.「十分ではないが、~の感じがする」

10.~んばかりだ/んばかりに/んばかりの
接続:動詞未然形+んばかりだ/んばかりに/んばかりの
「する」は「~せんばかりだ」と言う接続である。
意味:今にも~しそうだ/今にも~しそうに/今にも~しそうな
説明:(1)「~ぬばかりだ」という使い方もある。
  (2)話し手自身の様子には使わない

日语一级分类语法精简版7 - 程度

程度

1.~限りだ
接続:感情を表す名詞.形容詞.形容動詞連体形+限りだ。
意味:最高に~だと感じる。客観的に他の人が外側から見て分かることではなく、現在、自分が非常にそう感じているという心の状態を表す。パラス文にもマイナス文にも来る

2.~からある
接続:数量詞+からある/~からある+名詞/からの+名詞
(人を修飾する場合、「~からいる」、金銭を修飾する場合、「~からする」も用いられる
意味:「~以上も」という意味。

3.~極まる/極まりない
接続:形容詞連体形+こと極まる/極まりない
形容動詞語幹+(なこと)極まる/極まりない
意味:この上なく、非常に~だ。話し手が感情的な言い方をする時
に使う。不愉快なことに使われることが多い。
注意:「極まりない」は否定形だが、意味は「きわまる」と同じだ。

4.~始末だ
接続:こ(そ、あ)の/こ(そ、あ)+始末だ。
活用詞(現在時)+始末だ
意味:~悪い結果になってしまった。(=ありさまだ)_

5.~たりとも
接続:数量詞+たりとも、~ない
意味:たとえ~でも、~ない(最小の量のものを挙げて、「~も~ない」と全否定を強くいういいかた。)

6.~たるもの
接続:(職業を表す)名詞+たるもの、~
意味:「~の立場にあるのだから/~身分である以上、それにふさわしく」といいたい時に使う。

7.~てやまない
接続:(祈る、願う、感嘆、感謝など、感情を表す)活用詞連用形+てやまない
意味:心から、~ている。相手に対する祈りや願いの気持ちが強く、ずっとそうっているといいたい時に使う。

8.~に至って/に至っては/に至っても/に至る/に至るまで
接続:(1)名詞、動詞連用形+に至って/に至るまで
意味:(事態が極限状態、重大な状態)になってはじめて/ようやく/やっと
接続:(2)名詞(ここ、今、ここまでなど)動詞連用形+に至っては、
意味:~(重大な事態)になって、もう(しようがない)
接続:(3)名詞、動詞連体形+に至っては
意味:~(極端な事)に触れると/言うと
接続:(4)名詞、動詞連体形+にいたっても(まだ、なお、いまだに)~
意味:~という極端な事態になっても、まだ~
接続:(6)名詞、動詞連体形+に至る
意味:とうとう/やがて~という程度に達する.書き言葉として使う。
接続:(7)名詞.動詞連体形+に至る名詞
意味:~から~までの。書き言葉として使う。
接続:(8)名詞+に至るまで、~
意味:~から~までも。書き言葉としてつかう。

9.~にして
接続:(1)名詞+にしてはじめて、~可能形
意味:~こそ。文語で書き言葉である
接続:(2)名詞+にして、~だから、~できない
意味:~であっても/でさえできないのだから、~それより程度の低いものは、
   できないのも無理はない。文語で書き言葉
接続:(2)(少数の特定の)副詞、名詞+にして
意味:~前の言葉を強調して使う。文語で書き言葉

>>返回 顶部

>>返回 日本语能力考试