唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

>>返回 日本语能力考试

日语N2阅读


“花といえば桜”と言われるように、特に桜の花は古くから日本人で愛されてきた。平安時代(794-1191)には桜を題材とした歌が作られ、歌集などに数多く残っている。寒い冬が終わると、やがて暖かい春がやってくる。空気が和らぐこの時期、冬の間枝ばかりだった桜の木は、一つ二つと花をつけ、数日のうちに満開を迎える。人々は、その様子に命の再生の喜びを感じてきた。
樱花从古代就受到日本人的喜爱,说到“花”也就意味着樱花。在平安时代,日本人就创作了大量以“樱花”为题材的诗歌,保存在许多歌集里。冬去春来,当和煦的春风吹拂大地时,树叶凋零的樱花树上,绽放出一个一个的花蕾,很快又迎来了它盛开的季节。人们从樱花的盛开中感到生命复苏的喜悦。

>>返回 顶部

>>返回 日本语能力考试