唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

>>返回 日本语能力考试

日语N2阅读

失楽園
20世紀の最後に数年間における日本のベストせーラという、渡辺淳一氏の小説“失楽園”を上げなければならないだろう。1995年9月から、日本経済新聞の朝刊に連載が始まると。たちまち日本列島を風潮した。単行本にまとめらて出版されるや、短期間で数百万部も売れた。すばやく中国語を含めた数カ外国語に翻訳された。まさに“洛陽の紙価を高めた”のである。各メディアの報道と評論も殺到して“城中争って蔡中郎を語る”盛況を呈して、人をいささかまどわす、いわゆる“失楽園現象”までも生じたのである。
注:城中争って蔡中郎を語る:满城争说蔡中郎
洛陽の紙価を高めた:洛阳纸贵
若问20世纪最后几年日本的热销书,就不能不提到渡边淳一的小说《失乐园》。该小说1995年9月在日本经济新闻朝刊上连载,随即风靡整个日本列岛。小说出版后,短时间内就销售了数百万册,并迅速被翻译成包括中文在内的数种文字,可谓“洛阳一时为了纸贵”。各种媒体的报道和评价一时铺天盖地,颇具“满城争说蔡中郎”的盛况,乃至形成一种人们略感困惑的“失乐园现象”。

>>返回 顶部

>>返回 日本语能力考试