唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

>>返回 日本语能力考试

日语n2语法详解例句

61)~たび/~たびに
新宿へ行くたびに
前接动词连体形或「名词+の」的形式,表示"每当……就……",若后项是表示变化的词,则表示随前项的反复出现后项也在发生变化。由于是经常发生,所以动词基本上不使用过去时。
○試合のたびに、強くなる(每次比赛实力都会增强。)
○ボタンを押すたびに、画面が変わります。(每按一次按钮,画面就发生变化。)
○ちょっと雪が降るたびに、交通機関が麻痺してしまう。(一下雪交通就会瘫痪。)
○木村さんが日本に帰るたびに、日本語の参考書を買ってきてくれる。(木村先生每次回日本都会有给我带来日语参考书)
○読むたびに違った印象を受ける本がある。(有的书每次读都会有不同的印象。)
○卒業写真を見るたびに、彼のことを思い出す。(每当看到毕业留影就会想起他。)
○会うたびに彼の日本語が上手になっていくのに驚かされる。(我很惊讶每次见面他的日语都有所长进。)
○以前は朝起きるたびに腰が痛くてたまらなかった。(以前每天早晨起床时,腰就疼得受不了。)

62)~だらけ
間違いだらけ
接在名词之后,表示全是什么东西的样子,多含有杂乱的语感,一般用于贬义。类似用法还有一级第18条「ずくめ」(多用于贬义)一级第84条「まみれ」(表示沾在物品表面)。
○この文は間違いだらけだ。(这篇文章错误百出。)
○この部屋は誰も住んでいないので、ほこりだらけだ。(这屋子没人住,积满了灰尘。)
○人生は予測のつかないことだらけだ。(人生充满了不可预测的事情。)
○かびだらけのパンは食べられるのか。(全是霉的面包怎么吃呢)
○私はあちこちにいるともだちからの絵葉書を壁に張って、いつのまにか壁が絵葉書だらけになってしまった。(我把来自各地朋友的明信片贴在墙上,不只不觉墙上已经满是明信片了。)
○服を着たまま寝てしまったから、しわだらけになってしまった。(穿着衣服就睡了,衣服变的满是皱折。)

63)~ついでは
郵便局へ行ったついでに
接在动词连体形,以及「名词+の」的形式之后,相当于"顺便……"的意思。(「ついでに」还可以单独作接续词用。)
○買い物に出かけるついでに、洋子さんの家に寄っていこう。(出去买东西,顺便去洋子家吧。)
○仕事で京都に行ったついでに高校時代の友人に会ってきた。(因公事到京都去,顺便看望了高中时代的朋友。)
○学会で日本に来たついでに昔の恩師を訪ねた。(因为参加学会来到日本,顺便看望了过去的老师。)
○散歩のついでに、お菓子を買ってきた。(去散步,顺便买来了点心。)
○郵便局へ行くなら、ついでに、私の手紙も出して来た。(要是去邮局,顺便替我把信寄了吧。)

64)~っけ
今日は何曜日だっけ/あの人、小林さんと言ったっけ
终助词,只用于口语,一般构成「だっけ」、「たっけ」的形式使用。
①表示询问自己记不清的事,经常表达婉转的确认。
○あなたは来年三十歳だっけ。(你明年该三十岁了吧)
○この服どこで買ったっけ。(这件衣服是在哪儿买的)
○「今度の試験がいつだったっけ。」「来週の月曜日だよ。忘れないでよ。」("下次考试是什么时候""下星期一,可别忘了。")
②表示回忆,有时含有怀念的心情。
○「彼は会社勤めを辞めて故郷に帰ったよ。」「そういえば、故郷で農業をやりたいって言ったっけ。」("他辞了工作回老家了。""是呀,他过去说过想在家务农。")
○学生時代、よくあの店へ行ったっけ。(学生时代我们常去那家店。)

65)っこない
わかりっこない
口语用法,「っこ」是结尾词,接在动词连用形后面,是一种强调否定表达,等于「~することはない」
○そんなことは子供にできっこない。(这种事孩子根本不会。)
○誰にもわかりっこない。(谁也不会知道。)
○あの子はおとなしすぎて、わからなくても、聞きっ来ないよ。(那孩子太老实,即使不懂也不会问的。)
○両国が戦争なんて始めっこないよ。話し合いで解決すると思うよ。(我想两国不会开战的,会通过谈判解决的。)
○彼女は誘っても行きっこないよ。毎週土曜日はデートなんだから。(她每个周末都会约会,你请她她也不会去的。)

66)~つつ/~つつも
山登りつつ/悪いと知りつつ/そう考えつつも
接在动词、助动词连用形之后。属于书面用法,与二级91条「ながら」用法相似。
①等于「ながら」的顺接用法,表示两项动作同时并行、相当于"一边……一边……"
○働きつつ、学校を卒業した。(一边工作一边读到了学校毕业。)
②等于「ながら」的逆接用法,表示"虽然……但……".
○母親は口では子どもを叱りつつも、心の中では子供がかわいくてたまらないのです。(母亲虽然嘴上批评孩子,心里还是很疼爱孩子的。)
○手紙を書こうと思いつつ忙しくて書けない。(想要写信,可因为忙,老是写不成。)
○たばこは体に悪いと知りつつも、つい吸ってしまう。(明知吸烟对身体有害,却忍不住会抽。)
○いつも迷惑をかけていると知りつつも、つい頼んでしまう。(知道自己总是给别人添麻烦,却忍不住去求别人。)
○「はい、はい」といいつつ、相手の言う通に行動しない。(嘴上说"好,好",却不按对方说的去做。)

67)~つつある
向上しつつある
接续法与上条相同,用在动词助动词的连用形之后,表示动作正在进行或变化正在发生。类似于「ている」的用法,但属于书面语。
○この川の水は、年々汚くなりつつある。(这条河的水一年比一年脏。)
○新しい日本の文化が現在作られつつある。(现在,新的日本文化正不断被创造出来。)
○病気はまだ完全にはなおっていませんが、回復しつつある。(病虽未完全好,但正在恢复之中。)
○最近は、円安のため業績が好転しつつある企業もある。(最近,由于日元汇率下降,有些企业的业绩正不断好转。)
○景気は政府の経済政策の誤りで悪化しつつある。(由于政府的经济政策失误,经济状况正在日趋恶化。)

68)っぽい
男っぽい
形容词性的结尾词,接在名词、形容词词干或一些动词连用形之后,表示富于某种成分或倾向。一般用于否定的评价场合比较多。
○水っぽいスーポはおいしくない。(淡的像水一样的汤不好喝。)
○怒りっぽい彼は皆にいやがられている。(爱发脾气的他不受大伙的欢迎。)
○彼女は有能な人だが、忘れっぽいので、よく失敗をする。(他虽然有才能,却很健忘,所以常常失败。)
○買ってきたとき、鮮やかなブルーのジャヅだったのに、洗濯したら白っぽいなってしまった。(买来时是件色彩鲜艳的蓝衬衫,可一洗,就发白了。)
○彼の話し方は理屈っぽいから、あまり好きじゃない。(他说话总是爱扣死道理,我不太喜欢。)

>>返回 顶部

>>返回 日本语能力考试