唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日企日语

>>返回 日企

商务日语・呼称と丁寧語

ここでは、呼びかけや相づちの打ち方を主として学びますが、以下の章に全て関係するビジネス会話の基本中の基本である丁寧語を紹介します。「貴社ー弊社」のようなビジネスの世界に特有の言葉の他にも、様々な丁寧語がビジネス会話では使われますが、これは公的なパーティーの場でのフォーマル会話やスピーチにも応用できるものですから、しっかりマスターしておきましょう。

1、相手の呼び方
(1) 社内の人の呼び方
[上司との会話]
李 :課長、企画書ができあがりましたので、持ってまいりました。
課長:うん、見せてくれ。・・・(目を通して)・・・
    李君、なかなかよくできているね。ただ、この箇所は目で見てすぐわかるようにグラフにしておいた方がいいよ。
李 :はい、わかりました。

[同僚の間での会話]
同僚A:李くん、今日仕事が終わってから、時間空いてる?
李  :うん、空いてるよ。
同僚A:だったら、一杯飲みにいかない?
李  :うん、いいよ。良子さんも誘ってみたら?
同僚A:そうだね。じゃ、ついでに木村係長も誘ってみよう。
常套表現と解説

・ △△さん・△△くん
・ △△課長・△△部長・専務・社長

 同僚や後輩に対しては、・の「△△さん・△△くん」が普通ですが、「△△くん」は男性に対して使うので、男女に関係なく使える「△△さん」が一番無難でしょう。なお、上司に対しては、・のように一般に役職名で呼びますが、会社によっては「△△さん」と呼ぶことを奨励しているところがあります。なお、「△△課長・△△部長」は相手に直接話しかけるときは、「課長・部長」で十分です。
 注意して欲しいのは、仲間内のプライベートな会話ではいいのですが、他にも人がたくさんいるような会社内では、いくら親しい関係の同僚や後輩に対しても「おい、佐藤」のように人名の呼び捨てはしてはいけないことです。つまり、社内では公私のけじめを付けることが肝要です。
 逆に、会社では上司であっても、自分の後輩だったり、年下だった場合、プライベートな居酒屋などでの会話では、呼び捨てにすることがあります。

A   :田中、今日はお前がおごれよ。俺より給料が高いんだから。
田中課長:わかった、わかった。

>>返回 顶部

>>返回 日企